"タロット"の記事一覧

「猫占い師とこはくのタロット」です

たまたま(どこが、たまたまだ?)、 「タロットカード 美少女」で検索した時に 多くのセーラームーン関連画像の中に、 この本の表紙を見つけました。 「猫占い師とこはくのタロット」というタイトルの、 のまみちこ先生の小学館ジュニア文庫の中の 1冊になります。いわゆるジュニア小説という やつですね。 この表紙、この…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「エモーションズ・タロット」を手に入れました

今週の「1週間の運勢」で使用済ですが きちんと紹介させていただきます。 いつもの流れで(どんな流れだ?)、タロットカードの オンラインサイトで新着商品をチェックしてたら 面白そうなものが見つかりました。 「エモーショズ・タロット」という、宝石の コーディネーターなどをされてる方が製作された デッキのようです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エドワード・ゴーリーの「不安な箱」です

エドワード・ゴーリーという 絵本作家さんがいます。 (2000年に亡くなられてます) 名前は知らなくても、印象的なイラストで 見覚えのある方も多いのではないでしょうか? 絵本は数多く翻訳されて出版されており 大人も楽しめます。というよりも、「世界一残酷な 絵本作家」なんて言われたりします(笑) 面白そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクエリアン・タロットがリニューアルするようです

世界中に星の数ほどあるタロットカードですが アクエリアン・タロットは非常に有名であり 多くの方が所有されてるのではないでしょうか? 1970年に販売開始されたものですから、 なんと50年以上の長きに渡って多くのファンから 愛されてる、まさに傑作カードであります。 そんなアクエリアン・タロットが リニューアルとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風を切裂くソードのナイトです

勇猛果敢で有名なソードのナイトです。 娘に「良いカード」を選んでもらったのですが ベスト3にこのカードが入ってました。 単純に逞しくてカッコいい、との事。 たしかに勇ましいイメージですが 戦いは敗れる事もありまして、 隣接するカードによっては、あまり良い未来を 想像できない場合もあります。 また、猪突猛進とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「8ビット・ファンタジー・タロット」です

よくAmazonとか楽天とかで 「お勧め」とか「これ買った人はこれも買ってます」 みたいな広告ってありますよね? 最初は楽天の広告の中で、このタロットカードを 見つけました。 「8ビット・ファンタジー・タロット」というものでして コンピューターゲームのようなドット画でイラストが 描かれております。 いくつかバージ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

年末の御挨拶と2024年の運勢

今年の年末年始は、販売応援で 明日の大晦日から1月2日まで 山形県天童市に行ってきます。 ですからブログの更新も本日が本年最後となります。 今年は本当に散々な年となりました。 夏にIGA血管炎を患い、お陰様で 3か月ほどで全快したのですが、その時に受けた足の傷が 潰瘍になりまして、いまだに治っていません。 今…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

任天堂Switchでタロット占いができる事を知りました

スマートフォン用のアプリではタロット占いに関して 様々なものが出ておりますが、任天堂Switchでも タロット占いができるソフトがある事を知ったので 早速ダウンロードしてみる事にしました。 ソフト自体は1000円ぐらいの、お値段です。 「Tarot Readings Premium」というソフトでして サイトの説…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「PLANETS TAROT」を紹介いたします

日向いまさんが手がけた「プラネッツタロット」は 以前から気になっていたのですが、訳ありセール品を タイミングよく手に入れる事ができました。 裏面は、こんな感じで正位置、逆位置が わからない仕様となっております。 カードの紙質は、正直それほど良くないのですが 大手メーカーではなく作家さんが個人的に 手掛け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日向いまさんのタロットグッズです

日向いまさんという作家さんがおりまして その方が手掛けた、「PLANETS TAROT(プラネッツタロット)」を 今回手に入れました。 女子力が高く可愛らしいカードであり、50歳のおっさんが 持つアイテムではないのですが(笑) もともとは正規品があるのですが 私が手に入れたものは訳ありセール品です。 まず、カー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カミさんの選ぶ「良いカード」、「悪いカード」とは?

昨日に私の娘にタロットカード78枚の中から 見た目で「良いカード」と「悪いカード」を それぞれ3枚ずつ選んでもらった記事を公開しましたが、 同じ事を、カミさんにお願いして、やってもらいました。 ちなみに娘同様に、カミさんもタロットカードに関する 知識はゼロであります。 まずは「良いカード」3枚です 「ワンド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

娘の選ぶ「良いカード」と「悪いカード」とは?

タロットカードというものは、物凄く曖昧な ものであり、見方によって、「良いカード」に見える時も あれば、「悪いカード」に見える時もあります。 というか、そもそも見た目は普通だけど実は 良いカードとか、そのまた逆もあったりします。 物凄く曖昧だけど、それがまたタロットの面白さでもあります。 そんななかで、私の娘(中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「審判」は「僕の復活」です

ザ・ストーン・ローゼズの名曲(傑作)、 「I Am The Resurrection」ですが 邦題は「僕の復活」です。 このタイトル好きだな~。 我々ファンの間では単純に「レザレクション」とか 呼ぶのですが「僕の復活」のほうが数段上ですな(笑) タロットカードの20番目、「審判」ですが このカードを見るといつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリシモ「タロットカードレッスンプログラム」~後編~

それではフェリシモ「タロットカードレッスンプログラム」の 後編です。こちらではカードをいくつか紹介します。 もともと、私がこのプログラムを知ったキッカケは、 このカードのイラストを見たからです。 世界中に様々なアーティストが本家ウェイト版を元にして デッキを製作してまして、原作に忠実なモノから オリジナルなモノま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フェリシモ「タロットカードレッスンプログラム」~前編~

フェリシモの女子向け(?)通信講座である、 「タロットカードレッスンプログラム」を 手に入れました。 もともとは全6回で半年間で完了するプログラム なのですが、まとめてメルカリで多数販売されております(笑) 実際に通信講座を申し込むと、1ヶ月1回で約2000円×6ヶ月で、 総額約12000円なのですが、半額以下で売ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

非常に残念なタロットデッキ(もどき)です

インディーズRPGの傑作、「アンダーテール」関連で 何か面白そうなものはないか、いろいろと物色してたところ まさに私好みのモノを見つけました。 なんとアンダーテールのタロットデッキが あるなんて(驚) ただ、カード枚数が約40枚弱という事で タロット風のアートカードみたいな扱いらしいですが これは俄然惹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一番バッターは「魔術師」です

タロットカードの最初の1枚目。 トップバッターですな。 「魔術師」は、この1枚だけで タロットカードについて、どんなものなのか およそ理解ができる感じです。 なにしろテーブルの上には ワンド、カップ、ソード、ペンタクルの 4つのスートが置かれてますからね。 取り急ぎポイントだけ紹介します、といった ところでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

OKタロットの取扱説明書を作成しました

以前に手に入れたOKタロットです。 全身ピンク一色でして非常に映えるデッキです。 イラストはとにかくシンプルで、単純な 図形1つしか描かれておりません。 もともとデッキには専用の取扱説明書が 付属しています。 1枚のカードに対しキーワードは3つ記載されており、 デッキ同様に説明書もシンプルです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タロットウォーズ」です

タロットを題材にした漫画で名作とよばれる 「タロットウォーズ」を手に入れました。 著者は氷室奈美先生。氷室先生は今現在は オーラや守護霊様、前世を透視し描く 「透視画」個人カウンセリングをしており、 予約は速攻で埋まってしまうぐらい 人気のある方です。 漫画文庫で全5巻で完結です。 文庫版は初期の「タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワン・モア・タイム」と「カップの3」です

タロットカードって、見た目で怖いカードが多いのですが 明るく賑やかなカードも多少はあります。 「カップの3」がまさにそうでして、 まさに祝福といった感じで 歌って踊っております。 ダフトパンクの「ワン・モア・タイム」なんて まさに祝福ですよね。 私のように英語が苦手な人にも理解しやすい歌詞というのも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more