"音楽"の記事一覧

ザ・ブリリアント・グリーンとカレーの関係

以前に記事にしましたが、 今更ながらザ・ブリリアント・グリーンを 聴きこんでおります。 昔にロッキング・オンにて、BECKが登場した時に ライターの方が、「BECKさえいれば、ニルヴァーナも ソニック・ユースもダイナソーJRもいらない」と 発言し、結構インパクトがあったのですが この歳になると、なんとなくわかる気が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あえて敬遠してきた「渡辺美里」です

「渡辺美里」というのは、私の世代にとっては、 非常に思い出深いアーティストなのですが 私は長年、敬遠してきました。 「My Revolution」とか「Teenage Walk」など 大好きな曲はあるのですが。 今まで敬遠してきた理由は、実は学生時代に愛読してた 「FMステーション」の影響が大きいのです。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしても聴きたい時は禁を破るしかない

以前に、アメリカのミュージシャンであり サウンド・エンジニアのスティーヴ・アルビニさんが 亡くなった事を記事にしました。 スティーヴ・アルビニさんは過去に、 「ビッグ・ブラック」というバンドを率いてまして このアルバムジャケットは、いろんな意味で最高です。 音の方も素晴らしいの一言。 いじめられっ子がマシンガン握り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田有希子の12インチアナログレコードを手に入れました

永遠の18歳。 岡田有希子さんのシングル、「Summer Beach」が 約40年ぶりに蘇りました。 最新のAI技術により制作されたジャケットの 可愛らしさは格別であります。 販売告知したと同時に一目惚れ。 早速予約し、無事に受け取ってまいりました。 表題曲の「Summer Beach」とは別に カッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良いレビューは購入の後押しになりますよね

旧友との鎌倉散策(鎌倉男子会)での 戦利品の1枚です。 大船のブックオフで「550円以下のCDは 5枚で50%OFF」という煽り文句につられ、 無理やり(?)5枚選んだ中の1枚です。 「SWITCH」という洋楽のオムニバス集です。 最初は背表紙が目に留まりました。 「なんかセンスいいよな~」なんて。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち」です

著者は西寺郷太さんです。 西寺さんの本は、マイケル・ジャクソン、プリンスなど 過去に読んでまして、とても面白かったのですが この本も期待通り面白かったです。 80年代といえば、やはりMTV世代というやつ。 マイケル・プリンス・マドンナという御三家は 当然として、当時のビルボード・チャートを 賑わせていたアーティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急に聴きたくなったグーニーズの主題歌

先日、ブックオフを徘徊してる時に 急にシンディ・ローパーが唄う、 グーニーズの曲が頭から流れてきたのです。 なんでこんな事になったのかは全くわからないのですが。 映画「グーニーズ」は、私が小学6年生とか 中学1年生ぐらいの時に公開され、日本でも 大ヒットした記憶があります。 ただ、残念ながら私は観た記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは間違いなく、「買い」ですな

岡田有希子さんが1985年に発表したシングル、 「Summer Beach」なのですが なんとこのたび、4月20日に12インチの アナログレコードとして再発される事になったのです。 それだけでは大した事ないのですが 私の心を鷲摑みしたものとして、そのジャケットです。 当時のジャケットに「夏」や「海」などの キーワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サーフ・ブンガク・カマクラ(完全版)」丸ごとレビュー

先日、アジアン・カンフー・ジェネレーションの 「サーフ・ブンガク・カマクラ(完全版)」の 聖地巡礼という事で、江ノ電完全乗車をレポート しましたが、もともとは、このアルバム丸ごとレビューを やりたくて、その画像集めで訪れたようなものです。 もともとは2008年に「サーフ・ブンガク・カマクラ」という アルバムがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サーフ・ブンガク・カマクラ(完全版)」のアナログレコードです

アジアン・カンフー・ジェネレーションの 「サーフ・ブンガク・カマクラ(完全版)」の アナログレコードが限定発売されました。 予約開始と同時に、早々に予約を済ませ、 長い事待ちまして、このたび、ようやく手元に 届いたわけであります。 アジカンのアルバムは 個人的には「ソルファ」、「ワールドワールドワールド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テイラー・スウィフト特集 ~ロッキング・オン2024年4月号~

いまだに興奮が冷めないというか、 いまだに一緒に参戦した後輩と 出勤してる日は、1日に1回はテイラー・スウィフトの 話をしております(笑) ロッキング・オン2024年4月号は テイラー・スウィフト特集号です。 「ありがとう テイラー・スウィフト」 本当に私もそう思っております。 よくぞ日本に来てくれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じような雰囲気のジャケットに引き寄せられました

ブックオフ散策(とくにセールコーナー)を 欠かさない私ですが、CDの110円コーナーは 今まであまり熱心にチェックする事がありませんでした。 売られてるCD自体が、いかにもというアーティスト ばかりだし、乱雑に並べてあったりと、チェックする気が ありませんでした。 しかし、先日比較的見やすく並べてある110円コーナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィレッジヴァンガードの企画CD3枚です

いつものようにブックオフのセール棚を物色してたら オムニバス作品コーナーに、面白そうな作品があり、 手に取ってみました。 なんのCDなのかさっぱりわからなかったのですが イラストは「レコスケくん」を描いてる本秀康先生です。 「これはきっと面白い作品だぞ~」なんて思って とりあえず確保いたしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはこれで貴重かもしれません

スチャダラパーの短冊形(!)の CDシングルをディスクユニオンで見つけたので 確保いたしました。 スチャダラパーの3人は、私からしてみれば 「電気グルーヴのお二人のマブダチ」という 認識ですので、一目も二目も置いております。 もちろん音楽も好きです。 私がディスクユニオンで購入したものは 450円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただひたすら嫌悪感を抱くアルバムジャケット

昔から気になってるアルバムがあります。 ジャーマンスラッシュ三羽烏(酷いネーミングだな)の 1つである、ドイツのスラッシュメタルバンド、 デストラクションが1987年に発表したアルバムなのですが とにかく生理的にダメというか、完全にアウトな ジャケットであります。 デストラクションはこの方たちでして 見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運命の分かれ道、「Southern All Stars」です

サザンオールスターズが1990年に発売した アルバム「Southern All Stars」を久しぶりに手にしました。 自分にとって、ある意味で非常に重要なアルバムです。 以前に何度か書いてますが、私とサザンオールスターズとの 関りについてお話しします。 もともと小学生の時に一番最初に好きになった アーティストは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フォーク黄金時代40」です

以前から、フォークソングのコンピレーション アルバムをおさえておきたいな、なんて思ってました。 以前にも話しましたが、私は小学生の時からビートルズにはまり、 邦楽ではチェッカーズがアイドルでした。 中学になるとサザンオールスターズ、そしてボウイ、 アイドルでは、おニャン子クラブに熱を上げてました。 そんな時に、友人の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐藤博の「awakening」です

以前から聴いてみたかった、 佐藤博(さとうひろし)のアルバム、 「awakening アウェイクニング(覚醒)」を ついに手に入れました。 大瀧詠一、山下達郎、角松敏生らが 「日本最高のピアニスト」と絶賛する 佐藤博の4枚目のソロ作です。 シティポップの名盤ガイドブックでは 必ず出てくる作品です。 ベス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード額をHR/HMに統一しました

私の書斎には、壁にレコード額を 飾ってるのですが、この度、ハードロック、 ヘヴィ・メタルの作品で統一してみました。 インパクトのあるアルバムの中で、ひっそり佇む ミッフィーは一服の清涼剤といったところでしょうか?(笑) それでは順番に紹介いたします。 どれも音楽はもとより、ジャケットもイカした 作品ばかりです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アイアン・メイデンのアナログレコードを手に入れました

アイアン。メイデンと書いて、ヘヴィ・メタルと読む。 これは昔も今も変わってはおりません。 (ジューダス・プリーストでも可) 先日のスレイヤーに引き続き、 アイアン・メイデンも1枚欲しくなりましたが ジャケットがイカしてるものばかりで どれにするか決めかねております。 とりあえず候補はこの4枚です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more