"映画"の記事一覧

「午前十時の映画祭14」です

昨日に映画を観に行った時に 同行者の後輩が、「これ面白いですよ」と 教えてくれました。 「午前十時の映画祭」というものでして 2010年に始まって、今年で14回目です。 過去の名作を、もう一度スクリーンで観れるという 企画です。 イオンシネマとかTOHO、ユナイテッド、MOVIXなど あちこちの劇場で開催され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マッドマックス・フュリオサ」を観てきました

本日、仕事帰りに会社の仲の良い後輩と一緒に 「マッドマックス・フュリオサ」を観てきました。 もともとは、後輩の勧めで 「マッドマックス怒りのデス・ロード」を観まして、 その世界観に完全に打ちのめされた過去があります。   過去記事は、こちらです この新作映画は、「怒りのデス・ロード」の スピンオフ作品で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みんな!エスパーだよ!」です

今更なのですが、園子温監督の2015年公開作品、 「みんな!エスパーだよ!」を観ました。 視聴先はニコニコ動画です。 私はニコニコ動画の会員(電気グルーヴのファンクラブ会員) だから、映画を丸ごと観れたのか、誰でも普通に 観れるのかどうかはわからないのですが とにかくニコニコ動画で観ました。 もともと、なんでこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レザボア・ドッグス」を観てきました

クエンティン・タランティーノ監督のデビュー作、 「レザボア・ドッグス」がリバイバル上映してまして 本日に、アリオ川口の中にあるMOVIXに行ってきました。 MOVIXは普段は、さいたま新都心のコクーンの中を 利用してるのですが、さいたまのほうでは金曜日は レイトショーとなってました。 翌日が休みならいいけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「市川崑と『犬神家の一族』」です

横溝正史先生の「犬神家の一族」は 何回も読み返しております。 同じく、市川崑監督の映画作品、 「犬神家の一族」も、大昔から 再放送されるたびに観てきました。 いや~、あらためてもう一度観たくなりましたね~。 この本は、映画史研究家の春日太一さんが 書いてまして、映画監督の市川崑を 丸裸にするような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに「フットルース」のサントラを手に入れました!

「ついに!」なんて言ってますが 実際はそこまで真剣に探してたわけではなく 今までも何度か見かけた事があったのですが なぜか手を出さず。 今回、たまたま330円で投げ売りされていたものを 見つけたので、めでたく購入となりました。 映画「フットルース」のサントラになります。 恥ずかしながら、私はこの映画を観た事がな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テイラー・スウィフトの映画を観てきました

会社の仲の良い後輩と、 テイラー・スウィフトの映画(ライブ映画)を 観てきました。 レイトショーだったので先ほど帰宅。 いまだに、興奮冷めやらぬ、なんて感じです。 夜も遅いので、取り急ぎ結論から言いますが、 「とんでもないライブ映画」です。 来年2月の日本公演のチケットを確保してますが 世界最高峰のエンターテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらためて「カリオストロの城」を購入しました

ルパン三世「カリオストロの城」はDVDも持ってるし テレビで放映されてるものも録画してるし 過去に何度も何度も観てるのですが やはり自分のiPodの中に所有したくて iTunesストアで購入いたしました。 明日、今や恒例行事である、組合の定期大会に 参加する為、名古屋に行ってくるのですが いつもながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君たちはどう生きるか」を観てきました

「風立ちぬ」から10年。 宮崎駿監督のおそらく最後となるかもしれない 作品である、「君たちはどう生きるか」を観てきました。 場所は、アリオ西新井の中にある TOHOシネマです。 朝一の回で観てきました。 ほぼ100%事前情報がない状態で ほぼ真っ新な感覚で観てきました。 感想は・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「パルプ・フィクション」を観てきました

昨日より、傑作「パルプ・フィクション」が 全国の一部映画館でリバイバル上映されます。 仲の良い後輩より、その情報を聞きまして 「是非行きたい!」と思う半面、 IGA血管炎を患ってる身としては、あまり無理も出来ず どうしたものかな?なんて感じで躊躇してましたが 結局、居ても立っても居られない感じになりまして 昨夜、公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「THE FIRST SLAM DUNK」を観てきました

遅ればせながら、本日朝から映画、 「THE FIRST SLAM DUNK」を観てきました。 本当ならレイトショーで観たかったのですが タイミングが合わず、休日の本日に ようやく行ってきたわけです。 アリオ西新井の中にある、トーホーシネマズです。 9時45分からのスタートなのですが、 正面玄関は開店前な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり「秒速5センチメートル」なのです

いわゆる、中二病の金字塔(?)というか 「キング・オブ・中二病」みたいな(笑) 多くの人たちを悩ましてきたトラウマ映画、 「秒速5センチメートル」です。 先日、映画(王立宇宙軍 オネアミスの翼)を観に 栃木県小山市を訪れたのですが、小山駅も 聖地巡礼地の一つとなっております。 久しぶりに「秒速5センチメートル」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」を観てきました!

本日は朝から栃木県小山市に行ってきました。 私の自宅から電車で1時間といったところです。 目当てはモチロン、映画鑑賞です。 海「昨日、映画観てきたよ。いや~面白かった!」 同僚「いいっすね~!スラムダンクっすか?それとも、    すずめの戸締り?」 海「王立宇宙軍 オネアミスの翼だよ」 同僚「・・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「黒澤明が選んだ100本の映画」です

著者は黒澤明監督の長女である、 黒澤和子さんです。 この本は、 1919年~1950年 1951年~1970年 1971年~1997年 と、時代を区切りつつ、古今東西の あらゆる映画を100作品紹介しております。 すべて黒澤明監督が観た映画で その感想を和子さんに語ってたものを まとめあげたものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出深い「スカーフェイス」

新しくiPod touchの256GBを購入した、 一番の理由は、「思う存分、好きな映画を観る」 というものです。 今まで(128GB)は欲しくても容量を気にして 映画をダウンロードしてこなかったのですよ。 1作品だけで軽く4GBとかいきますからね。 でも、今度の256GBは安心であります。 今回、満を持して購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハウス・オブ・グッチ」を観てきました

昨夜ですが仕事帰りに西新井アリオにて 映画を観てきました。 21時から上映という事でレイトショーというやつです。 リドリー・スコット監督の 「ハウス・オブ・グッチ」です。 レディー・ガガとかアル・パチーノが出演してまして ニュー・オーダーとかブロンディの楽曲が流れたりして 80年代好きには嬉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド」を観てしまいました

ブログ仲間の盟友、ラルさん曰く、 「海さんが観るべき映画」との事(笑) あえて目を逸らすようにしてましたが これも何かの縁というか、引き寄せでしょうね。 本日は休みだったのですが、 さいたま新都心にある、「MOVIXさいたま」にて 「ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド」が 上映されるので、観に行ってしまいました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「バトル・ロワイアル完全攻略ガイドブック」です

ブックオフで投げ売りされてたので 暇つぶしに購入しました。 小説のほうは、過去に何度か読んでおり その後、映画も観ました。 嬉しい事に、ステッカーがおまけで封入されてました。 まあ、使い道はないのですが(笑) 映画は結構端折って観ましたね。 一言で言うと非常に不愉快な映像でしたので(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヤッホー!!の実写版

「ヒヤッホー!(またはヒャッハー!)」とは、 主に世紀末世界においてもっともポピュラーな叫び声である。 恐怖と暴力が支配する荒廃した世界において、 悪党どもがあげる歓喜の叫び声。 主に自分より弱い者を見つけた際に集団で使う。 北斗の拳なんかでお馴染みの連中ですが その実写版を観ました(笑) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

銀星倶楽部のデイヴィッド・リンチ特集号です

ブックオフ散策において、いくつかの チェック項目があるのですが、 文芸雑誌などのコーナーにマニアックな 雑誌が置いてるかどうか確認するように しております。 青土社の「ユリイカ」を筆頭に ペヨトル工房の雑誌なんかがそれに該当しますね。 「夜想」だったり「WAVE」だったり。 今回紹介する「銀星倶楽部」もそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more