"手帳・ノート"の記事一覧

これは「神」手帳本、確定です

世間には、手帳術・ノート術・メモ術なんて 感じで、たくさんの本が溢れております。 ただ、実際の内容は、過去の様々な本の寄せ集めのような ものばかりで、読んでガッカリ、なんて事が多々あります。 それと、巷で猛威を振るってる、「公開系手帳」の存在です。 他人に見せる事を前提とした、手帳やノートです。 それ自体は否定しませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「プロのメモ術ノート術」です

もう20年以上前に発売された手帳本です。 ここ最近の、どれも似たり寄ったりの手帳本には 興味はありませんが、20年前となると俄然興味が湧きます(笑) 著者は長崎快宏さんです。長崎さんの仕事術に関する本は 過去に何冊も読んでます。 ある意味で仕事術というかビジネス関連書籍界では長崎さんは レジェンド級の方なので、その方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「自分を変えるノート術」です

2022年に発売されたノート術関連本です。 結構売れたみたいで、この手のジャンルでは ベストセラーと言っていいぐらい売れたようです。 私も、当時新刊で買おうかと、少し迷った覚えがあります。 「ノート術」の本なんて、どれも似たり寄ったり、 なんて思っていても、この本は、なぜか手に取ってみたくなる オーラが出てました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手帳に記入した仕事のメモが自分を助けてくれた話

ブログ仲間の盟友、しろまめさんとコメントの やりとりをしてる時に、「兵卒の中には 名前くらいしか書けない者も多かった米軍が、 日本兵の日記を見て、知的レベルの高さに驚いた、 というエピソード~」みたいなやり取りをしました。 しろまめさんが、そのようにコメントされたのです。 その時、ピキーンって脳天に雷が落ちたというか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロルバーンの江ノ電コラボを2冊確保しました

いや~、最近ロルバーン熱が相当沸騰してる 状況です。 またまた2冊購入してしまいました。 江ノ電とコラボしたものです。 江ノ電コラボはいくつかあり、この間も 新作が発売されたりしましたが 私が欲しいのは過去のこの2柄でした。 メルカリで、ちょうどこの2冊を出品してる方が いまして、お値段はやはりそれなりという…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「手帳と日本人」です

サブタイトルは、 「私たちはいつから予定を管理してきたか」。 著者は手帳評論家の舘神龍彦さんです。 舘神さんの本は、なんだかんだいって昔から 結構読んでます。 当時は、「手帳評論家」という肩書自体が 胡散臭く、いわゆる手帳・文具ゴロみたいに 思ってましたが、これだけ手帳というものが 一般的に普及した今の状況(この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2024年の「ノート&手帳構成」

新春恒例というわけではないですが 現時点の私の「ノート&手帳構成」を ご紹介いたします。 メイン手帳、サブ手帳という感じに 今年は使い分けようと思います。 どちらもルイヴィトンにいたしました。 システム手帳2冊使いは初めての試みです。 まずはメインのバイブルサイズです。 使うのは本当に久しぶりです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

802%さんの「手帳女子」です!

毎年9月過ぎると手帳熱が沸々と湧いてきて 10月、そして11月と、いよいよ沸騰間近!!(笑) いろいろネットを徘徊してたら、面白そうなものを 見つけました。 林モフルンさんと保谷さゆりさんの2人のユニットというか サークルの802%の手帳本を確保いたしました。 いわゆる同人誌というやつです。 既存の文具、手帳本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

永井博さんとコラボしたロルバーンのノートです

以前から気になってるんだけど、 「一体何冊ノート買えば気が済むんだ!?」 「使ってないノートはどうするの!?」 なんて感じで自問自答してたのですが 結局買ってしまいました(笑) 永井博さんのイラストを使った、 ロルバーンのノートです。 永井博さんといえば、やっぱり このアルバムでしょうね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミッフィーのステッカーでカスタマイズしてみました

おくすり手帳としては機能しませんでしたが パスポートサイズのミニ手帳として 再生したミッフィーのカバーなのですが クリア部分がなんか寂しく思います。 近所の東急ハンズにて、ミッフィーの ステッカーを見つけたので購入しました。 サイズ的にちょうど良さそうです。 最初は、パスポートサイズの手帳リ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パスポートサイズの手帳カバーとして運用開始

ミッフィーの手帳カバーを「おくすり手帳」のカバーとして 使おうと思ったけど、おくすり手帳が大きすぎて 入らないという失態を犯した事は先日記事にしました。 もともとは障がい者手帳を収納する為のカバーでして 大きさ的にはパスポートサイズとなっております。 それならパスポートサイズのリフィルを手配してみたら? なん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラミーのノートを手に入れました

ラミーとコクヨがコラボしたノートを 遅ればせながら手に入れました。 限定品なので、在庫が終わった時点で 終了です。少し気になっていたけど 「ノートなんて何冊も持ってるしな~」なんて感じで スルーしておりました。 ところが先日、仕事帰りにヨドバシカメラ秋葉原店に立ち寄り、 ボールペンのリフィル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昔の手帳雑誌の切り抜きを見て刺激を受ける

10年以上前の頃は、文房具や手帳というのは まだまだマイナーでして、時々(だいたい10月以降) 雑誌で手帳特集などがあると、飛びついて購入してました。 とにかく文房具や手帳の情報に飢えていたのです。 部屋の片づけをしてたら、当時購入した雑誌から 文房具や手帳関連記事を切り抜いたクリアファイルが 出てきまして、当時…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2023年の手帳は何にするか?

そろそろ、お待ちかねの手帳の季節が やってまいります。 今年は序盤はモレスキンダイアリーのラージサイズを 使ってましたが、あまりの使い勝手の悪さに嫌気がさし 7月ごろを目途に、トラベラーズノートに移行しました。 以前使った事があるとはいえ、トラベラーズノートを 本格的にメイン手帳として使うのは初めてですが 現状は非…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

危なく騙されるところでした

なんか最近、ノート(モレスキンなど)に書く事が あまりないよな、なんて思ってました。 そんな時は自分自身のモチベーションをあげる為、 ノート関連書籍でも読もうかな?なんて 思っておりました。 あちこち検索してたら、 画像のような本がヒットしました。 「ノートを持ってカフェへ行こう」 なかなかいい響きで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2022年の手帳をどうするか悩んでます

例年なら、翌年の手帳をどうするか だいたいの見当はつけてて、あとはボタンを押す タイミングだけの問題だったりしますが、 今年はいまだに未定であります。 ここ数年は、ほぼ日手帳で完全に落ち着いてました。 なんだかんだいって、私の使うやり方が もっともしっくりくる手帳って、ほぼ日手帳なんです。 完璧ではないけど、ほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鬼滅の刃バージョンの測量野帳です

近所の文具店で見つけたので カミさんと娘に話をしたところ 娘は買わず、後日カミさんだけ購入しました(笑) 測量野帳の鬼滅の刃バージョンです。 表紙に、9つの紋章のような ものが刻印されております。 これは「柱」の9人を表してるそうです。 私はどれがどれだかさっぱりなんですが カミさんと娘は全てわかるそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ぼくの「自学ノート」】を読みました

著者は、梅田明日佳さんでして、 今現在は、大学に通ってる男の子です。 彼は小学3年生の時から 「自学ノート」というものを作成しており、 この本では高校生になっても ノートを作り上げておりました。 本の中には、数多くの自学ノートが紹介されて いましたが、そこからいくつか抜き出しました。 これ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ノート」が目につくと、とりあえず手に取ってしまう

ブックオフを徘徊してると、 「○○ノート」とかの文字が目に入ると とりあえず手に取ってしまいます。 間違いなく、自分には関係なくても わずかな何かを期待してる自分がいるのです(笑) この本は、タイトルのフォントとか カッコいいんだけど、中身は複雑な 数式や配線図などギッシリでした(笑) 将棋は駒の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハヤテノコウジさんの新作「スケッチジャーナル」です

ハヤテノコウジさんの待望の新作、 「スケッチジャーナル」を購入しました。 私は手帳好きですが、 手帳やノートにイラストを描く人の 手帳というものには、あまり興味がありません。 いわゆるアート系手帳づかいというのは 本来の手帳好きとは少し違うかな?と思ってます。 ただし、ハヤテノコウジさんは別でして 彼の作品は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more