"ブックオフ"の記事一覧

ブックオフで流れてる音楽を気に入って購入

1週間に最低2回は、ブックオフ店舗に立ち寄ってます。 今現在はメインで2店舗、サブで2店舗を定点観測ルートに 設定しております。 以前は、旗艦店舗である秋葉原店が加わっていたのですが 私の勤めてる会社が引っ越しをしてしまったので 通勤ルートで秋葉原を通らなくなってしまったので 残念であります。まあ、月に1回は同じく旗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この本に挟んであるというのが因果なものです

ブックオフで購入した本の中に おかしなものが挟まってる事は よくあるのですが、今回またまた 面白いというか不可思議なものが 挟まってました。 ちなみに購入した本は画像の 「子供たちは森に消えた」でして 50人以上の少年少女を殺害しした、 ロシアの異常殺人者、アンドレイ・チカチーロの 生涯を綴った本になります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サイン本を売る人の神経がわからない

西寺郷太さんの、 「ジャネット・ジャクソンと80'sディーバたち」という 面白そうな新書をブックオフで見つけたので購入しました。 1冊110円です。 私は西寺さんの本は結構読んでます。 マイケル・ジャクソンやプリンス関連などの 音楽本だけでなく、傑作ノート本も読んでます。 表紙をめくってビックリ。 い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンプリートしたけど、なんかモヤモヤします

最初にゲド戦記(全6巻)の1、2、5巻を購入し、 まずは読み始めてみて、面白かったら 残りの巻を探そう、なんて思ってましたが 心配性の私としては、ブックオフ散策を重ね 結局読み始める前に6巻コンプリートとなりました。 使ったお金は、1、2、5巻が各220円なので660円。 4巻、6巻が各400円なので800円 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

驚きを通り越して笑ってしまった件

ブックオフ散策の愉しみは、欲しい本やCDを見つける事や セールコーナーで掘り出し物と出会う事など以外に、 本の中におかしなモノが挟まってるものを見つけたり、 なんて感じなのですが、「分類の間違い」を見つけるのも 楽しかったりします。 こちらは先日、久々に衝撃を受けた分類です。 「動物・ペット」のコーナーですが・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さすがに驚きました(そして脱力しました)

いつものブックオフ散策で とんでもないモノを見つけました。 最初は興味津々で手に取ったのですが まさかこんな事になるなんて・・・ 「ニルヴァーナのプロセスとテクニック」 あまりに簡素な表紙でして 個人製作(自費出版?)の匂いがプンプンと 漂います。 基本的にブックオフで販売する本(買取も含め)は …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

石田衣良先生のサイン本を確保しました

先日行われた鎌倉男子会で訪れた、 ブックオフ大船店はなかなかの大型店舗 なのですが、なんと「サイン本」コーナーまで 設けられておりました。 知ってる作家さんもいれば、名前を聞いてもわからない方も いたりして、なかなか混沌としたコーナーの中で 私が目ざとく発見したのが 石田衣良先生の「親指の恋人」です。 石田衣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購入から読了までの流れが一目瞭然

ブックオフで購入した本の中に、何か挟まってる事は よくあるのですが、今回も立ち読み時点で発見し、 「これは本の内容はともかく確保だな」なんて感じで 即購入したものです。 中高年(私もそうだが)でよくある事として 新聞の書評欄を切り抜き、書店で探すという行為です。 たしかに切り抜き片手に本屋をうろうろしてる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お薬手帳ラベルが挟まった「人生これでいいのだ」です

ブックオフで購入した本の中に おかしなものが挟まってる事はよくあるのですが 「引き寄せ」というわけではないけど、 私は周りと比べ、明らかに遭遇する確率が高いようです。 これは今回購入した、赤塚不二夫先生の、 「人生これでいいのだ」です。 令和1年8月17日に、ある病院から出た処方箋に対し、 薬局から出た…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

間違いなく最強レベルの「引き寄せ」です!!

まずこちらは以前に紹介しました、 「同音漢字問題集」でして岡田寿彦先生が書いたもの。 岩波ジュニア新書です。 「言葉遊び」というのをキーワードに 漢字を学べるようになっています。 そして、こちらも以前紹介しました、 ブックオフで購入した本の中に挟まっていた 意味不明な紙片です。 「にしへゆくにと …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これは間違いなく、みんなに配ったものだと思う

ブックオフで購入した本の中に、意味不明なものが 挟まっている事は、過去に何度も経験してるのですが これは間違いなく、なんらかの意図を感じます。 「にしへゆくにと  にしからきたに  にしんにじます  うににかに」 いや~、さっぱり意味不明(笑) ネットで検索してみたら、 少し言い方が違うけど似たようなも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あぁ、そういう事か・・・

昨日は、朝から休日ブックオフを楽しみました。 その店舗は2階建てであり、1階はプロパーの 本、漫画本、そしてゲームやDVDがあり 2階はセール品が中心となっています。 最初に1階をざっと物色してたら 30代ぐらいのお父さんと、小学2年生 ぐらいの男の子の親子の会話が 耳に入ってきました。 「お父さんは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

土地を買う「長野・北信」

ブックオフで購入した本の中に おかしなものが挟まってるのは よくある話です。 今回のブツは正確に言いますと 買った本ではなく、立ち読みしてた本 (引き寄せ関連本)に挟んであったので 「あっ!これはこれは!」なんて感じで 買う別の本に私が挟みなおしたのです。 (スイマセン!) なんか土地とか環境についての…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブックオフに来てはいけない人

先日、ブックオフの某旗艦店舗での出来事。 これを読んで皆さんがどう感じるのかは わかりませんが、私はハッキリと 「この人来ちゃいけないな~」なんて思いました。 50代ぐらいの身なりは上品な女性の お客さんが私の近くにいまして文庫本を たくさん手に取ってました。 途中でいなくなったら、若い男の子の 店員さんを連…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メイドカフェのレシートが出てきました

ブックオフで購入した本に、何かおかしなものが 挟まっている事は、よくあるのですが 一番多いのが、購入したその本のレシートです。 ですから、とくに気にせず、しおり替わりに 挟んだままにしておいたのですが・・・ 秋葉原にある、メイドカフェ「@Home cafe」を 利用した時のレシートでした。 てっきり購…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その格言は正しいのかどうかは分からない

ブックオフで購入した本の中に 訳の分からないものが挟まってる事は 非常に多いです。 大概は購入した時のレシートでして おそらく、しおり代わりに挟んでたのを そのまま売却してしまったようですね。 今回紹介するのは、おそらく、しおり代わりに 挟んでいたと思われる、自作の名刺大の カードです。 渡部陽一さんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだブックオフは終わってないっていうか、ないっていうか

ないって・・・FEVER!!! このネタがわかる人は後輩のYくんだけかも しれませんな(笑) 私が一番愛用してきたブックオフ草加新田店。 明日の9月26日(日)が最終営業日となります。 先週に最後の来店と買い物を済ませたつもりでしたが 気になって、最後の最後で、また訪れてしまいました(笑) 2階…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ありがとう!そしてサヨナラ!ブックオフ草加新田店

私が愛した、ブックオフ草加新田店が 9月26日(日)をもって、閉店してしまいます。 最終日は必ず行こうと思ってたのですが その前に前哨戦(?)といった感じで 本日、仕事帰りに立ち寄ってみたのです。 ご覧の通り、スッカラカン(笑) 店内の3分の2ぐらいは商品が無くなってました。 売れた…
トラックバック:0
コメント:45

続きを読むread more

やってはいけない事を、やってくれた件

いつものブックオフで見つけたものです。 こちらの文庫本、1冊110円なのですが・・・・ 表紙には、 50円の値札シールが貼られております。 「出張買取中」の文字がありますが、 これはブックオフ店舗の値札シールではありません。 別の古書店やリサイクルショップなどで 50円で販売してたのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い込みって恐ろしいですな

ブックオフで棚を物色してたら 気になる本を見つけました。 「だからやめられない 文具生活」 文房具の新製品カタログのような 誌面ではなく、ライフスタイル提案型の ような感じを想像しました。 背表紙の雰囲気から、少し昔の本みたいです。 こんな本あったのか、なんて手に取りましたら、 まさか、文鳥生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more