「オリオン画報」です

土橋とし子さんの「オリオン画報」を手に入れました。 こんな良本が普通にブックオフに並んでて驚きます。 ちびまる子ちゃんに出てくる、とし子ちゃんは 土橋さんがモデルとなっております。 そのような縁からか、帯の推薦文は さくらももこさんが書かれておりました。 私は土橋さんがイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2024年4月15日~20日)

いつもは毎週日曜日に 翌週の1週間の運勢を占ってますが 昨日は緊急企画記事でしたので 1日遅れで1週間の運勢記事を公開します。 (記事自体は昨日に作成してます) めずらしく、4枚すべて正位置でした。 週頭は、「ペンタクルの7」です。 いわゆる、やれやれ(Ⓒ村上春樹)カード(笑) 期待してた結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しろまめさん、東京に現わる

いつもなら毎週日曜日は 「1週間の運勢」という定例記事なのですが 本日は予定を変更して、この記事でいかしてください。 「しろまめさん、東京に現わる」 そうなんです! ブログ仲間の盟友、北海道小樽在住の しろまめさんが、東京にいらっしゃったのです! しろまめさんが、「福島正実記念sf童話賞」の 大賞を受賞さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「快楽モノポリー倶楽部」です

任天堂Switchで久しぶりにモノポリーを遊んでみて、 ゲームソフトとしてはダメだけど、モノポリーの ゲーム自体は、やっぱり面白いよな、なんて 再認識しました。 そんな感じで、私の中で久しぶりにモノポリー熱が 再燃してきました。重ね重ね、Switchのソフトの ダメっぷりが残念なのですが(笑) 「なにか面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドールズ」シリーズがコンプリートです

高橋克彦先生の「ドールズ」です。 私は高橋先生の小説は読んだ事はありませんでしたが 以前から、お名前は知っておりました。 小説「バトル・ロワイアル」が 日本ホラー小説大賞の最終候補に残った時に 審査員の方たち(荒俣宏、林真理子、高橋克彦)が 酷評したんですよね。 「非常に不愉快」 「こういう事を考える作者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ファミレスを享受せよ」のBGMが好きです

任天堂Switchのゲーム「ファミレスを享受せよ」を 通常クリアさせた後、もう1つの分岐ルートから 進み、そこでエンディングに到達し、 新たなコンテンツが解放されました。 ゲーム内で流れる音楽が聴けるようになってます。 このBGMって、どれもいいんですよね。 また、流れるタイミングというのが絶妙です。 通常、無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち」です

著者は西寺郷太さんです。 西寺さんの本は、マイケル・ジャクソン、プリンスなど 過去に読んでまして、とても面白かったのですが この本も期待通り面白かったです。 80年代といえば、やはりMTV世代というやつ。 マイケル・プリンス・マドンナという御三家は 当然として、当時のビルボード・チャートを 賑わせていたアーティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「怖い村の話」です

いつもの宝島文庫のやつでして、 コンビニで売られてる「読み捨て本」と 同じようなジャンルのものですね。 「怖い村」といっても、大半が仮名であり どこだかわからない村の怖い話を聞かされても こちらとしては、「???」でして 正直、本の中で紹介されてる怖い話は どれも怖くないし面白くありません。 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化人切手をコンプリートいたしました

記念切手には、いろんなシリーズがありまして、 「見返り美人」や「月に雁」といった代表作を おさめた「切手趣味週間シリーズ」というのは 音楽に例えますと、ザ・ビートルズになります。 そうなると対抗として、「国際文通週間シリーズ」は、 ザ・ローリング・ストーンズといったところでしょうか? どちらも日本の記念切手を代表する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2024年4月8日~14日)

今週のニュースといえば なんといっても長年親しくさせていただいている ブログ仲間の盟友、しろまめさんが 「福島正実記念SF童話賞」の大賞を受賞されたという事です。 発表が4月1日であり、てっきりこれは、いつもながらの しろまめさんの巧妙なジョークかと最初は思いました。 リンク先を飛んでみると、受賞者の発表画面が表示さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「中学性日記」です

著者はシモダアサミ先生です。 NHKで放送してたテレビドラマの「中学生日記」 ではなく、有村架純さんが主演した 「中学聖日記」でもなく、「性」日記です。 ブックオフでたまたま目に入り、 1冊110円で全4巻揃ってたから 面白半分でお買い上げ。 読み捨てればいいや、ぐらいの気持ちでしたが これはアタリでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イヤなモノを見つけてしまいましたよ

いつものブックオフ散策で、面白そうな本を 発見したので確保しました。 「こぽこぽ、珈琲」という文庫本でして 村上春樹さんを始めとした有名な作家さんたちの 殊玉の珈琲エッセイが31篇も、おさめられております。 こんな素敵なエッセイ本を、 喫茶店(カフェではなく喫茶店)で珈琲と チーズケーキのセットなんかをいた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モレスキンを持って街へ出よう

なんかよくある手帳&ノート術の タイトルみたいですね。 「モレスキンを持ってカフェに行こう」とか(笑) こんな内容でよければ、本1冊ぐらい仕上げる 自信はありますよ。レベルはともかく(笑) 先日、鎌倉江ノ電の聖地巡礼をしたのですが メモ帳として、モレスキンをお供させました。 そこで、あらためてその優秀さを実感し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

急に聴きたくなったグーニーズの主題歌

先日、ブックオフを徘徊してる時に 急にシンディ・ローパーが唄う、 グーニーズの曲が頭から流れてきたのです。 なんでこんな事になったのかは全くわからないのですが。 映画「グーニーズ」は、私が小学6年生とか 中学1年生ぐらいの時に公開され、日本でも 大ヒットした記憶があります。 ただ、残念ながら私は観た記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新宿駅最後の小さなお店ベルク」です

自分の思い描いてた内容と まったく違っていたという、よい例ですね。 タイトルからして、私は新宿駅にある 小さな喫茶店の日々の苦労話をまとめた内容、 なんて感じだと思ってましたが、 実際は苦労話もあるけど大半は、 自分たちの店がどれほど「早い、安い、うまい」かを 延々と自慢するような流れでした(笑) 場所柄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「みんな!エスパーだよ!」です

今更なのですが、園子温監督の2015年公開作品、 「みんな!エスパーだよ!」を観ました。 視聴先はニコニコ動画です。 私はニコニコ動画の会員(電気グルーヴのファンクラブ会員) だから、映画を丸ごと観れたのか、誰でも普通に 観れるのかどうかはわからないのですが とにかくニコニコ動画で観ました。 もともと、なんでこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間の運勢(2024年4月1日~7日)

一昨日の金曜日なのですが 給湯器が壊れてしまいました。 実は1年近く前から、リモコンパネルに エラーメッセージがたまに出る事があり、 何度か電源のオンオフをすると治るので とくに気にせず使ってたのですが この日は、何度オンオフしても治らず。 給湯器はリンナイ製でして エラーメッセージで表示されてる番号を検索し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現場探訪 ~新三郷トンネル~

休日の暇つぶし企画です。 先週は、首都圏でも有数の鉄道人身事故区域を 散策してきましたが、本日は、日本国内でも 有数の心霊スポットを訪れてみました。 場所は、私の自宅駅から武蔵野線で4つ目の 「新三郷駅」です。 近くには、越谷レイクタウンという国内でも トップクラスの商業施設があるのですが 競合する新三郷はイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これは「神」手帳本、確定です

世間には、手帳術・ノート術・メモ術なんて 感じで、たくさんの本が溢れております。 ただ、実際の内容は、過去の様々な本の寄せ集めのような ものばかりで、読んでガッカリ、なんて事が多々あります。 それと、巷で猛威を振るってる、「公開系手帳」の存在です。 他人に見せる事を前提とした、手帳やノートです。 それ自体は否定しませ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「誰もボクを見ていない」です

サブタイトルは、 「なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか」 非常に面白い本でした。 面白いなんて言うと不謹慎ですが。 非常に衝撃を受けたと表現したほうが いいかもしれません。 2014年、埼玉県で17歳の少年が祖父母を殺害し 金品を奪いました。 ただその背景にあるのは衝撃的な少年の現実です。 実の母親と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more